前へ
次へ

結婚に対して希望を持って生きること

希望は時として人に大きなパワーを与え、そこからさらなる生活への活力がわいてくることは多いです。
結婚に関して若い人たちは、希望よりも現実味を感じていることが多く、あまり過度な期待は持たないように気を付けています。
これは幼少期から青年期にかけて社会が大きく変化し、経済の面で不安感があったことも影響していて一概に誰のせいとか何のせいとは言えません。
ただ、若い人たちにはパワーがあり、現状を打破するべく行動する力があります。
それは二人で一つの家族を作る結婚というイベントでも遺憾なく発揮され、家族の在り方を大きく変えてきました。
どれだけの人が自分の家族を作ることができるかわかりませんが、昔に比べ結婚率は大きく下がっています。
ただ、子供は毎日のように生まれていますし、決して結婚に対して悲観的な人が増えたわけではありません。
恋愛より慎重に結婚をする人が増え、社会の構成員として数えられるようになってきたことが分かります。

Page Top