前へ
次へ

結婚は人生を楽しく生きる一つの方法だ

自己の損得のみで生きてきた人は、結婚によって伴侶ができると最初は戸惑います。
これは、自分だけの生活がすべてだったからで、そこに守るべき家族が出てきた場合対応に困るからです。
結婚は無味乾燥な人の人生にも、活力や潤いを与えてくれる一大イベントであり、人生を楽しく生きる方法の一つです。
そう感じたのは私自身が大学卒業後、会社員になって5年で結婚したからに他なりません。
相手は同じサークルのメンバーだった女の子で、二人で若い頃から楽しい思い出をたくさん作ってきました。
自然に恋人同士になり、自然に結婚の流れになりましたが、私自身はまだ独身生活を続けたい気持ちがありました。
彼女のほうは20代で結婚したいとの希望があり、私がそれを受け入れる形になったのは言うまでもありません。
どんな形で結婚に至るかは人それぞれですが、私のように恋人同士の関係から結婚相手に発展するのは一般的なパターンでしょう。
出会いの印象がよかったことも結婚に至る一つの理由です。

Page Top